パワーコードレスMC-SBU820JとMC-SBU620Jの機能の違いを比較

パナソニックのパワーコードレスMC-SBU820JとMC-SBU620Jの違いを詳しく比較します

パナソニックパワーコードレスの違いを比較

 

 

パナソニックから販売されている、パワーコードレスの機能や性能を比較していきます

 

比較していく機種は以下のモデル

 

パナソニック パワーコードレス

・MC-SBU820J(発売日:2018年8月)
・MC-SBU620J(発売日:2018年8月)

 

上記の2機種が発売されています

 

MC-SBU820JとMC-SBU620Jの違いは何?

 

違いは、3つ

 

  • 色が違う
  • 充電台がある
  • ロングホースがある

 

1つ1つ説明していきます

 

色が違います

 

MC-SBU820JとMC-SBU620Jは本体の色が違います

 

パナソニックのパワーコードレスMC-SBU820JとMC-SBU620Jは色が違う

 

MC-SBU820J ホワイト
MC-SBU620J レッド

 

色が違いますので、好みによって選ぶといいでしょう

 

充電台(スタンド式)の有無

 

MC-SBU820Jは充電台(スタンド)が付いてきますが、MC-SBU620Jは無いです

 

MC-SBU820J 充電台(スタンド)があるので、収納と充電が同時に出来ます
MC-SBU620J 充電台(スタンド)が無い、充電器のコードを本体に差し込んで充電します

 

実際に画像で見てみましょう

 

充電台(スタンド)

パナソニックのパワーコードレスMC-SBU820Jは充電台(スタンド)があるので収納と充電が同時に出来る

 

充電台はスタンドにもなるので、収納と充電が同時に出来るのが便利ですね

 

掃除が終わったらスタンドに置くだけで自動で充電してくれるので、充電を忘れる事もありません

 

また、スッキリと収納できるので見た目もいいです

 

充電台(スタンド)が無い

パナソニックのパワーコードレスMC-SBU620Jは充電台(スタンド)が無いので充電機のコードを挿して充電する

 

充電台(スタンド)が無いMC-SBU620Jは、充電器のコードを本体に差し込んで充電する事になります

 

壁に立て掛けても滑りにくいゴムが付いていますので、画像のように充電する事が可能

 

ただ、地震がきたり、子供が触ってしまうと倒れてしまい壊れてしまう可能性もありますので注意してくださいね

 

充電台があるメリット

・スタンドに置くだけで充電できるので忘れない
・スッキリと収納できる
・地震が来ても倒れる心配がない
・高齢者の人も簡単に充電ができる

充電台のデメリット ・充電台を置くスペースが必要になる

 

コードレス掃除機を買うと必ず、収納の問題が出てきますので、最初から充電台(スタンド)がある機種を選んだ方が後悔しないと思いますよ

 

充電台の動画を紹介

 

 

掃除が終わったら、パッ!と置くだけで忘れがちな充電・収納が同時にできるので便利!

 

選ぶ時の参考にしてください

 

ロングホースの有無

 

MC-SBU820Jにはロングホースが付いてきますが、MC-SBU620Jは無いです

 

パナソニックのパワーコードレスMC-SBU820Jはロングホースがあるので狭い場所も掃除できる

 

MC-SBU820J ロングホースがあるので、車の中などの狭い場所の掃除も楽々!
MC-SBU620J ロングホースが無いので、狭い場所の掃除は苦手・・・

 

実際にロングホースを使っている動画を紹介します

 

車の中をロングホースでお掃除

 

ロングホースには、別のアタッチメント(すき間ノズル等)が取り付けられるので目的にあった掃除が可能

 

ロングホースは、柔らかいので操作性が抜群!

 

愛車の掃除には欠かす事ができないアイテムですね

 

そのため、車の中を掃除して綺麗な状態にすると気分が良くなりドライブに行きたくなりますよ

 

デートの日、友達を乗せる日はパワーコードレスでパパッ!と綺麗にするとあなたの印象も良くなりますね

 

車の中が汚いと、やっぱり不潔・だらしない・・・というイメージを持たれますからロングホースを使って短時間で綺麗にしちゃいましょう

 

以上がMC-SBU820JとMC-SBU620Jの違いでした

 

共通機能

 

MC-SBU820JとMC-SBU620Jに共通してある機能を紹介します

 

高トルクブラシレスモーター

強モード時の最大吸込仕事率「200W」
パナソニックのコードレス掃除機で最高の吸収力になります

運転時間

・ロングモード:65分、掃除ブラシ回転オンの場合は50分
・自動モード:18分~40分(ハウスダストが多いと運転時間が短くなります)
・強モード:6分

充電時間 約3時間
電池残量ランプ

電池の残りを表示してくれるランプです
(ランプが点滅すると電池の残りが少ない)

ブラシ回転オン・オフ

掃除ブラシの回転を止めたり・動かしたりできるオン・オフ機能

 

(傷つきやすいフローリング・畳は回転をオフ、カーペットはオフにして奥のゴミも吸い込む
このような使い方が出来るので便利)

バッテリーの種類 リチウムイオン電池
クリーンセンサー

高性能センサーで、ダニの成虫、スギ花粉、ダニの死骸・糞を見つけてランプの色で知らせてくれます
(光った所を重点的に掃除すれば、ダニや花粉も吸い残しが無く綺麗になります)

布団掃除

布団・毛布のダニ・ハウスダストを効率よく掃除できます
(クリーンセンサーを見ながらやると、ダニを逃しません)

プリーツフィルター 高性能なフィルターが使われているので、綺麗な排気です
親子ノズル アタッチメントを取り付けなくても、狭い場所を掃除できるノズル付き
ガバとり構造 掃除ヘッドを壁に押し付けると、全面のカバーが開いてブラシで直接壁際のゴミを掻き出す
V字ブラシ 2種類の毛先が違うブラシをV字型に配置する事で、集めたゴミを逃さず中央に集めて確実に吸い込む
セルロースファイバー樹脂 軽量素材を本体に採用しているので、軽くて女性や高齢者でも腕が疲れにくい
ステンレスガード ダストボックスの内部を「斜め穴加工」する事で外側と内側の気流を反転させ、目詰まりをしにくくします
くびれ形状のダストボックス くびれ形状にした事で内部の圧力差が発生しその圧力で、ゴミを圧縮する事ができるのでゴミ捨て時にゴミが舞い上がりにくい、また目詰まりしにくいので吸収力も持続します
集じん容量 0.2 L
お手入れランプ ゴミが詰まったりした時にランプ光って教えてくれます
丸ごと水洗い ダストボックス、フィルター、掃除ブラシ、布団用ブラシは水洗い出来るので衛生的
ワンタッチゴミ捨て ワンタッチでゴミを捨てられるので、手間がかかりません
重さ

延長管を取り付けた場合:2.5 kg
本体だけ:1.9 kg

ハンディクリーナー 延長管を外せば、ハンディクリーナーとして使えます
アタッチメント

・ふとん清潔ノズル
・ペタすき間ノズル
・すき間用ノズル

 

上記が、パワーコードレスに共通してある機能です

 

機能説明

 

共通してある機能の中から、より知りたいであろう情報を詳しく紹介しますね

 

高トルクブラシレスモーター

 

パナソニックのパワーコードレスは仕事率200Wの高トルクブラシレスモーターを搭載

 

MC-SBU820J 高トルクブラシレスモーター搭載
MC-SBU620J 高トルクブラシレスモーター搭載

 

パナソニックのパワーコードレスに搭載されている吸引モーターは、仕事率が200Wの凄まじい吸引力があります

 

ちなみに、ダイソンの最新モデルである、ダイソンV10の強モードの仕事率は130W

 

つまり、ダイソンコードレス掃除機よりも、吸引力が強い!

 

パナソニック パワーコードレス 吸込仕事率:200W
ダイソンV10(最新モデル) 吸込仕事率:130W

 

こうして比較すると、パナソニックのパワーコードレスの吸引力の高さが理解できると思います

 

パナソニックのコードレス掃除機の中で最高の吸引力を持つのが、パワーコードレスなんですよ、それだけの吸い込む力があります

 

実際に動画で見てみましょう

 

この吸引力に勝てますか?

 

吸込仕事率はコードレス掃除機ではトップクラスと自信満々

 

7キロの重りを吸引力で吸い上げる

 

パナソニックの社長さんも、吸引力には自信満々という感じで話していましたね

 

今までは、吸引力ならダイソン!というイメージでしたが、これからは吸引力ならパワーコードレス!と言われる日も近いでしょう

 

それぐらい、カタログスペック(吸込仕事率)の数値は1番ですからね

 

コードレス掃除機で1番の吸引力がありますので、家庭で出るゴミなんて簡単に吸い込めますので安心してください

 

ブラシ回転オン・オフ

 

掃除ブラシの回転を止めたり・動かしたりする機能です

 

MC-SBU820J ブラシ回転オン・オフできる
MC-SBU620J ブラシ回転オン・オフできる

 

この機能は意外と便利!

 

ブラシの回転のオン・オフ機能

 

動画の掃除機は、パナソニックのイットですが、パワーコードレスも同じです

 

ブラシの回転を止める事で何が良いのか?

 

回転ブラシのオン・オフ

・回転ブラシをオフにすると、フローリング・畳が傷が付きにくい
・回転ブラシをオフにすると節電できるので、運転時間が長くなります
・回転ブラシに髪の毛・ヒモが絡まないのでお手入れが楽
・カーペット等を掃除する時に回転ブラシをオンにすれば、奥のゴミも取る事ができます

 

回転ブラシのオン・オフが出来る事で、色々な使い方が出来るんですよ

 

新築のピカピカのフローリングを傷つけたくないですよね?それなら、回転をオフにすればいいし

 

じゅうたん、カーペットを掃除する時は回転をオンにすれば、絡んだ髪の毛・ペットの毛も綺麗にする事ができる

 

逆に、カーペットの毛を痛めたくない時は回転をオフにすれば、カーペットの毛が長持ちしますよね?

 

自分のライフスタイルに合わせて、回転を止めたり・動かしたり出来るって想像以上に便利なのでこの機能を紹介しました

 

クリーンセンサー

 

パワーコードレスには、目に見えないダニ・花粉・ハウスダストを見つけてくれる高性能センサーが搭載されています

 

MC-SBU820J クリーンセンサーがある
MC-SBU620J クリーンセンサーがある

 

センサーが反応する大きさは、以下の通り

 

パナソニックのパワーコードレスのクリーンセンサーは目に見えないダニも見つけてくれる高性能センサー搭載

 

ダニの成虫はもちろん、ダニの死骸や糞も見つけてくれるので衛生的ですね

 

また、花粉にも反応しますので花粉が多い時期は本当に助かります

 

家にいて、花粉症の症状が出たらパワーコードレスで掃除すれば少し楽になりますよ

 

フィルターも、高性能なプリーツフィルターを使っているので排気も綺麗

 

ダニや花粉を見つけたら、ランプが光って教えてくれるので、掃除モレを防ぎます

 

パナソニックのパワーコードレスのクリーンセンサーが反応するとランプが光って教えてくれます

 

ダニ・花粉が多い場所では、赤く光るのでその場所を徹底的に掃除しましょう!

 

綺麗になれば、青くなるので次の掃除ポイントに移動したりと、効率よく掃除が出来るので掃除モレがないのでダニや花粉を逃さない

 

また、自動モードで掃除する事で、クリーンセンサーと連動していますから、ダニ・花粉が多い場所では吸引力を強くして、綺麗になったら吸引力が弱くなります

 

パナソニックのパワーコードレスの自動モードはクリーンセンサーと連動しているので効率よく掃除が出来る

 

ゴミが多い場所では吸引力を強く、綺麗になったら吸引力を弱くする

 

自動モードは、これを自動でやりますのでいちいち吸引力を強くしたり弱くしたりする手間がなくなります

 

実際に動画で見てみましょう

 

クリーンセンサー

 

ランプが光って教えてくれるので、今までは目に見えなかったダニ・花粉をしっかりと吸い込んで綺麗にできますよ

 

クリーンセンサーのメリット
くクリーンセンサー

・ダニ・花粉を効率よく掃除できるので、咳などの予防が出来る
・ランプで綺麗になったとわかるので、安心感がある
・床と距離が近くなる、赤ちゃんも安心して移動ができる
・ダニの成虫も見つけるので、繁殖を防ぐ

 

クリーンセンサーを使って掃除する事で、上記のようなメリットがあります

 

特に、咳が多く出てしまう時にクリーンセンサーで掃除するのがオススメ

 

どうせ掃除するなら、しっかりとダニ・花粉を見つけて綺麗にしましょう

 

ふとん清潔ノズル

 

パワーコードレスには、布団・毛布のダニを綺麗に出来る「ふとん清潔ノズル」が付いてきます

 

パナソニックのパワーコードレスにはふとん清潔ノズルが付いてくる

 

MC-SBU820J ふとん清潔ノズルがある
MC-SBU620J ふとん清潔ノズルがある

 

ふとん清潔ノズルがある事で、布団や毛布のダニ・ハウスダストをしっかりと吸い込んでくれますよ

 

パナソニックのパワーコードレスにはふとん清潔ノズルで布団のダニを叩いて掻き出す

 

ローラーで叩いて、ブラシで掻き出すという2つの仕組みで、奥に潜んでいるダニも吸い込む事ができます

 

布団を掃除する時は、延長管を外してハンディ掃除機として使えます

 

実際に動画で見てみましょう

 

ふとん清潔ブラシ

 

動画のように、延長管を外して、ふとん清潔ノズルを取り付けるので楽に布団・毛布を綺麗にできます

 

ふとん清潔ブラシを使う事で、以下のようなメリットがあります

 

ふとん清潔ノズル

・寝ている時に身体や顔が痒い時は、ダニがいますので掃除する事でダニに刺されなくなる
・布団を掃除する事で安心して寝る事ができます
・ハウスダストも吸い込むので、寝ると咳が出る人は掃除すると良いですよ

 

やはり、寝ている時に身体が痒くなる・・・・咳が出る・・・という人は布団や毛布をしっかりと掃除してダニ・ハウスダストを掃除機で吸い込んだ方がいいですよ

 

実際にダニに刺された人の動画を紹介

 

ダニに刺されるとこうなる

 

すごく痒そう・・・

 

こうなる前に、ふとん清潔ブラシで掃除する事でダニに刺されるのを防ぐ事ができます

 

また、パワーコードレスには「クリーンセンサー」を搭載していてダニにも反応しますので、ダニを確実に見つける!

 

パナソニックのパワーコードレスのクリーンセンサーはダニを見つける

 

画像のように、ダニの成虫、ダニの糞もセンサーが感知しますので、ダニが多い場所を重点的に掃除できるのでオススメ

 

ダニを見つけるとランプが光って教えてくれるので、わかりやすい

 

パナソニックのパワーコードレスのクリーンセンサーがダニに反応するとランプが光って教えてくれます

 

「クリーンセンサー」と「ふとん清潔ブラシ」を組み合わせた事で、ダニ・ハウスダスト・花粉も確実に数を減らす事ができます

 

親子ノズル

 

パワーコードレスには、「親子ノズル」があります

 

パナソニックのパワーコードレスには親子ノズルがある

 

MC-SBU820J 親子ノズルがある
MC-SBU620J 親子ノズルがある

 

親子ノズルがある事で、狭い場所を掃除する時に付属品のアタッチメントを取り付ける手間が無いです

 

実際に動画で見てください

 

親子ノズル

 

動画のように掃除ヘッドを足で押さえて引っ張ると、狭い場所を掃除する事ができますよ

 

もちろん、元に戻す時も掃除ヘッドに差し込むだけなので手間いらず

 

皆さんも経験あると思いますが、狭い場所を掃除しようと思っても、アタッチメントを取り付けるのが面倒で見て見ぬふりをして掃除しなかった経験ありまあすよね?

 

親子ノズルがあれば、アタッチメントを取り付ける必要が無いので、気になる部分を見つけたらすぐに掃除できるので便利

 

毎日掃除するからこそ、楽に掃除できればいいですよね

 

ガバとり構造

 

パワーコードレスには、壁際のゴミを効率よく吸い込むための「ガバとり構造」があります

 

パナソニックのパワーコードレスにはガバとり構造がある

 

MC-SBU820J ガバとり構造がある
MC-SBU620J ガバとり構造がある

 

ガバとり構造がある事で、壁際のゴミを1回で綺麗にする事ができますよ

 

実際に動画で見てみましょう

 

ガバとり構造で壁際掃除

 

壁にヘッドを押し当てると、前のカバーが上に持ち上がって掃除ブラシで直接 壁際を掃除するので1回で吸い込めます

 

では、他のコードレス掃除機とどれだけ違うのか動画で紹介

 

ダイソンV8と壁際の掃除対決をした動画を見てください

 

ダイソンV8と壁際掃除対決

 

使っている掃除機は、パナソニックのイットになります

 

イットもパワーコードレスと同じように、「ガバとり構造」になりますので同じです

 

動画を見ると、ガバとり構造があるイットの方が壁際のゴミが綺麗に取れているのがわかりますね

 

この結果からも、「ガバとり構造」がある方が壁際のゴミを1回で吸い込む事が出来る

 

ガバとり構造のメリットは以下の通り

 

ガバとり構造

・何回も壁にヘッドを当てなくても、優しく押し当てるだけで1回で綺麗にできる
・壁際のゴミが取れなくてイライラしなくてもよくなる
・壁にドカドカ当てなくてもいいので、アパートでも隣に気を使わなくていい

 

ガバとり構造があった方が、壁際が1回で綺麗になるのでストレスがたまりません

 

それに、壁際のゴミって放置すると大量にゴミが溜まってそこからダニ等が発生しますのでこまめに掃除したい場所です

 

ガバとり構造があれば、1回で綺麗になるのでスッキリします

 

ステンレスガード・くびれ形状のダストボックス

 

パワーコードレスには、「ステンレスガード」と「くびれ形状のダストボックス」が搭載されています

 

MC-SBU820J ステンレスガードとくびれ形状のダストボックスがある
MC-SBU620J ステンレスガードとくびれ形状のダストボックスがある

 

「ステンレスガード」と「くびれ形状のダストボックス」がある事で、どういうメリットがあるのか?

 

一番のメリットは、「ゴミの詰まりを防ぐ」事ができる

 

ゴミが詰まるとどうなるのか?

 

当然、空気の流れが悪くなるので吸引力が落ちます、吸引力が落ちればゴミが残るし、ダニも吸い込めない・・・・

 

ゴミが詰まると良いことは何も無いと覚えてください

 

そこで、パワーコードレスはゴミの詰まりを防ぐために、「ステンレスガード」と「くびれ形状のダストボックス」を搭載しています

 

ステンレスガード

 

パナソニックのパワーコードレスにはステンレスガードでゴミの詰まりを防ぐ

 

ステンレスに「斜め穴加工」をする事で外側と内側の空気の流れを反転させる事で、目詰まりを防ぎます

 

細かいゴミが蓄積すると、それが詰まってしまいますからこういう細かい加工って大事なんですよね

 

くびれ形状のダストボックス

 

パナソニックのパワーコードレスにはくびれ形状ダストボックスによってゴミを圧縮する

 

ダストボックスの形を、くびれ形状にした事によって生じる圧力差を利用した「空圧分離」によりゴミを圧縮できます

 

ダストボックスの中のゴミを圧縮する事で、中のゴミが舞い上がらず詰まりにくい

 

また、ゴミを圧縮出来るのでゴミを捨てる時も細かいホコリ等も舞い上がりにくくなりますので、ハウスダストを吸い込む量も少なくなりますよ

 

上記の2つの工夫によって、吸引力を落とさずにゴミを吸い込む事が可能になりました

 

だからこそ、強モードの吸込仕事率が200Wという非常に高い数値が出たのです

 

2つの工夫のメリットは以下の通り

 

ステンレスガード
くびれ形状ダストボックス

・詰まりを防ぐので吸引力が落ちにくい
・詰まりにくいのでお手入れの手間が簡単だし、回数も少なくなる

 

ステンレスガードとくびれ形状ダストボックスがあるメリットは、詰まりにくいのでお手入れが簡単になります

 

詰まりやすい掃除機の場合は、そこら中に細いゴミが溜まって掃除が大変・・・・

 

でも、パワーコードレスなら詰まる量が少ないのでお手入れが簡単になるのが一番のメリットでしょうね

 

お手入れ

 

パワーコードレスはお手入れが簡単です

 

一番気になるのは、ゴミ捨てとお手入れ(メンテナンス)ですよね?

 

ゴミ捨ては、ワンタッチで手を汚さずに捨てれます

 

パナソニックのパワーコードレスはワンタッチでゴミ捨て可能

 

ダストボックスやフィルターも水洗い可能

 

パナソニックのパワーコードレスはダストボックス、フィルター、掃除ブラシが水洗い可能

 

パワーコードレスはお手入れが簡単に出来るので、清潔に使えます

 

実際に動画で見てみましょう

 

ゴミ捨て・お手入れ

 

ゴミ捨ても楽だし、汚れたらバシャバシャと水洗い出来るので衛生面もバッチリ!

 

水洗い

・掃除ブラシ
・ダストボックス
・フィルター

 

汚れやすい、上記の部分を水洗いできます

 

特に、掃除ブラシは床に密着している部分なので、ブラシを水洗いで清潔に保つ事ができるのは大事

 

お手入れランプもある

 

パワーコードレスには、汚れが酷くなると「お手入れランプ」が点灯しますので、その時に水洗いなどをすると良いですよ

 

お手入れランプは、全ての機種に付いてます

 

ハンディクリーナー

 

パワーコードレスは、延長管を外せばハンディクリーナーにもなります

 

パナソニックのパワーコードレスの延長管は外れる

 

赤い矢印の白い延長管は外せるので、外せばハンディ掃除機としても使えます

 

パナソニックのパワーコードレスの延長管を外してハンディクリーナーとして使える

 

布団・毛布を掃除する時は、ハンディクリーナーでやると楽ですよ

 

MC-SBU820J ハンディクリーナーになる
MC-SBU620J ハンディクリーナーになる

 

用途によって、コードレス掃除機、ハンディクリーナーの2つの使い方が出来るので便利ですね

 

アタッチメント

 

2つの機種にあるアタッチメントを紹介します

 

MC-SBU820J

・ふとん清潔ノズル
・ペタすき間ノズル
・すき間用ノズル

MC-SBU620J

・ふとん清潔ノズル
・ペタすき間ノズル
・すき間用ノズル

 

ふとん清潔ノズル

 

ふとん清潔ノズルは、先程説明したので省きます

 

ペタすき間ノズル

 

パナソニックのパワーコードレスのペタすき間ノズル

 

ノズルの角度調整が出来るので、狭い場所の奥までしっかりと掃除できます

 

角度調整が出来ないタイプだと、奥の方はうまくブラシが当たらずにゴミが残ってしまう事がありますよね?

 

ペタすき間ノズルは角度調節が出来るので、狭い場所の奥もしっかり綺麗にできますよ

 

すき間ノズル

 

パナソニックのパワーコードレスのすき間ノズル

 

サッシの部分、小物周りのゴミを掃除する時に便利

 

実際に動画でアタッチメントを見てみましょう

 

アタッチメント紹介

 

掃除する場所によってアタッチメントを変える事で、効率よく掃除できますね

 

上記が、2つの機種にあるアタッチメントでした

 

以上が、詳しく知りたい共通機能の説明です

 

選ぶ時の参考にしてください

 

  商品名 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
パナソニックパワーコードレスMC-SBU820J MC-SBU820J

運転時間:最大65分

パナソニックパワーコードレスMC-SBU820Jをアマゾンで見る

パナソニックパワーコードレスMC-SBU820Jを楽天で見る
回転ブラシ


(充電スタンド)

パナソニックパワーコードレスMC-SBU620J MC-SBU620J

運転時間:最大65分


パナソニックパワーコードレスMC-SBU620Jをアマゾンで見る

パナソニックパワーコードレスMC-SBU620Jを楽天で見る

回転ブラシ

×
(充電スタンド無し)

 

 

 



掃除の悩み解消してくれる記事一覧


一人暮らしの男性におすすめ掃除機 一人暮らしの女性におすすめ掃除機 赤ちゃん・子供がいる家庭におすすめ掃除機

一人暮らしの男性におすすめコードレス掃除機

一人暮らしの男性のオススメ

一人暮らしの女性におすすめコードレス掃除機

一人暮らしの女性にオススメ

赤ちゃんや子供がいる家庭におすすめコードレス掃除機

赤ちゃん・子供がいる家庭にオススメ

シニア世代の人におすすめ掃除機 畳・床を傷つけない掃除機 排気が臭く無い掃除機

シニア(高齢者)の人におすすめコードレス掃除機

シニアの人におすすめ

フローリングの床・畳を傷つけないコードレス掃除機

床・畳に傷を付けずに掃除できます

排気の臭いが臭くならないコードレス掃除機

排気の風が臭く無い、コードレス掃除機

音が静かな掃除機 布団・毛布のダニを吸い込む掃除機 壁際・隅のゴミを吸い込む掃除機

運転音が静かなコードレス掃除機

運転音が静かな、コードレス掃除機

布団や毛布が掃除できるコードレス掃除機

布団・毛布も掃除出来る

部屋の壁際・隅のゴミを綺麗に吸い込むコードレス掃除機

壁際・隅のゴミを綺麗に吸い込めます

軽くて、使いやすい掃除機 運転時間が長い掃除機  

軽くて使いやすいコードレス掃除機

軽くて使いやすい、コードレス掃除機

運転時間が長いコードレス掃除機

バッテリーが長持ち!運転時間が長い!



犬・猫を飼っている人に人気の記事


ペットを飼っている人にオススメ掃除機 猫・犬の抜け毛を取る掃除機 ダニを見つけるゴミセンサー付き掃除機

ペットを飼っている人におすすめコードレス掃除機

犬・猫などのペットを飼っている人にオススメです!

絨毯やカーペットに付いた犬や猫の毛を取るコードレス掃除機

絨毯・カーペットに付いた猫・犬の毛を取ってくれます

ハウスダストセンサーでダニを見つけてアレルギー対策できるコードレス掃除機

センサーでダニ・ハウスダストを見つけて吸い込む

猫砂を吸い込む掃除機    

猫砂を綺麗に吸い込むコードレス掃除機

猫砂を綺麗に吸い込む事が出来る



パナソニックが発売しているコードレス掃除機


最新と古い機種との違いを詳しく紹介しています
パナソニックiT(イット) コードレス掃除機MC-SBU410JとMC-SBU310J パナソニック2in1タイプコードレス掃除機

パナソニックコードレス掃除機iT(イット)の機能や性能

 

パナソニックの主力モデルです

パナソニックコードレス掃除機MC-SBU410JとMC-SBU310Jの機能や性能

 

イットよりも軽くなってます

パナソニックの2in1タイプコードレス掃除機の機能や説明

 

2in1タイプでハンディクリーナーにもなります

パワーコードレスの違いを比較

パナソニックパワーコードレスの違いを比較している記事

パナソニックのコードレス掃除機の中で
一番吸引力が強い機種です

 

 



ダイソンと他社との性能対決


ダイソンと他社の主力コードレス掃除機との性能を比較している記事です

ダイソンと他社との機能がわかりやすく説明しています

ダイソンV8とFREED EC-SX530の違いを比較 ダイソンV8とパワーブーストサイクロンPV-BEH900の違いを比較 ダイソンV8とトルネオコードレスV VC-CL1400の違いを比較

ダイソンコードレス掃除機とシャープFREEDの性能・機能の違い

ダイソンV8とシャープFREED EC-SX530の性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と日立パワーブーストサイクロンの性能の違い

ダイソンV8とパワーブーストサイクロンPV-BEH900の性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と東芝トルネオコードレスVの性能の違い

ダイソンV8と東芝トルネオコードレスV VC-CL1400の性能の違い

ダイソンV8とイットMC-SBU510Jの違いを比較 ダイソンV8とマキタCL106FDSHW・CL107FDSHWの違いを比較 ダイソンV8とインスティックHC-VXG30Pの違いを比較

ダイソンコードレス掃除機とパナソニックイットの性能の違い

ダイソンV8とパナソニックイットMC-SBU510Jの性能の違い

ダイソンとマキタコードレス掃除機の性能の違い

ダイソンV8とマキタCL106FDSHW・CL107FDSHWの性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と三菱電機インスティックの性能の違い

ダイソンV8とインスティックHC-VXG30P-Nの性能の違い