ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35の違いを比較

ダイソンコードレス掃除機の型落ちモデルのDC74、DC62、DC45、DC35の機種や機能の違いを比較

ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35コードレス掃除機の付属品や機能の違いを比較

 

 

目次 (クリックすると目的の記事に飛びます)

・ダイソンDC74・DC62・DC45・DC35性能一覧表
・ダイソンの掃除ヘッドと付属品の違い
・ダイソンV8・V6との排気フィルターの違い (重要)
・ダイソンDC74とV6の違い
・ダイソンDC74とDC62の違い
・ダイソンDC62とDC45の違い
・ダイソンDC45とDC35の違い

 

 

ダイソンコードレス掃除機には、最新モデルのV10、V8、V7、V6シリーズがありますが

 

その前に販売された古いモデル(型落ち)のダイソンDC74、DC62、DC45、DC35があります

 

ダイソンコードレス掃除機の種類
最新モデル

・V10
・V8
・V7
・V6

古い型落ちモデル

・DC74
・DC62
・DC45
・DC35

 

この記事では、DCモデルを説明していきます

 

簡単に、DCモデル4機種の違いをまとめました

 

ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35の性能一覧表

 

スマートフォンで見やすいように、項目説明と比較表を分けています

 

項目の説明
出力 出力が高いほど、吸引モーターの性能が高い
仕事率 仕事率が高い方が、吸引力が高くなります
運転時間 モーターヘッド装着時は、「」の数字
バッテリー使用回数 回数が多い方が寿命が長い
モーターヘッドパワー 毛の長いラグを掃除する時は、ブラシの回転が強いV10、V7がオススメ
ゴミ捨て方法 レバー式の方が、中にゴミが残りにくい
集じん容量 ゴミを溜められる量
インヂケーターランプ バッテリーの残量をお知らせ
サイクロン数 数が多いほどゴミと空気を分ける遠心分離能力が高い
ポストモーターフィルター 性能は0.3ミクロンもの微細な粒子を99%以上カット

 

スマートフォンで、表は横スクロール出来ます

 

モデル名 DC74 DC62 DC45 DC35
発売日 2014年 2013~2014年 2012~2013年 2011年
デジタルモーター V6 V6 V2 V2
回転数(毎分) 11万回 11万回 10万4000回 10万4000回
出力 350W 350W 200W 200W
仕事率

・通常
28WA

 

・強
100WA

・通常
28WA

 

・強
100WA

・通常
28WA

 

・強
65WA

・通常
28WA

 

・強
65WA

運転時間

・通常
20分

 

・強
6分

 

・「通常
16分」

・通常
20分

 

・強
6分

 

・「通常
17分」

・通常
20分

 

・強
8分

 

・通常
15分

 

・強
6分

 

・「通常
13分」

充電時間 3.5時間 5.5時間 5.5時間 3.5時間
バッテリー使用回数 500回 500回 500回 500回
重さ 2.3kg 2.0kg 2.3kg 2.2kg
モーターヘッドパワー DC62と同じ DC45と同じ

 

(掃除ブラシの
形状が改良)

DC35よりも強い DC45と比べて

2倍も弱い

ゴミ捨て方法 ワンタッチ式 ワンタッチ式 ワンタッチ式 ワンタッチ式
集じん容量 0.4L 0.4L 0.4L 0.4L
音の大きさ

 

Vモデルの方が静かです

不明 不明 不明 不明
インヂケーターランプ

 

Vモデルに付いてます

無い 無い 無い 無い
ゴミの詰まり

お知らせランプ

 

Vモデルに付いてます

無い 無い 無い 無い
サイクロン数 15個 15個 6個 6個
ポストモーター

フィルター

 

Vモデルに付いている

無い 無い 無い 無い

 

注意

 

私は不明な点があると電話でダイソンに問い合わせるのですが、最近になり仕事率の公表はしない方針になったそうです

 

そのため、ダイソンに問い合わせても仕事率は教えてくれません(公表しない事を聞いたのが、2018年4月頃)

 

公表しない理由は、色々な要因によって公表した仕事率を保証できなくなったからとの事

 

そのため仕事率は参考程度にするといいでしょう

 

VモデルとDCモデルの機能の早見表

 

VモデルとDCモデルの違いが一目でわかる、早見表を作りました

 

機能の比較表
機能 Vモデル DCモデル

ダイレクト
ドライブクリーナーヘッド

 

(じゅうたん用の最新ヘッド)

ある 無い

ポストモーターフィルター

 

(0.3ミクロンの粒子を
99%以上も防ぐ)

ある 無い

インヂケーターランプ

 

(バッテリー残量お知らせ)

ある 無い
ゴミ詰まりお知らせランプ ある 無い
集じん容量 多い

(0.54L)

少ない

(0.4L)

運転時間 長い

(最長60分)

短い

(最長20分)

静か

 

Vモデルの音の比較動画

大きい

モーターヘッドパワー

 

(ブラシが回転する力)

強い

 

Vモデルのモーターヘッドパワー比較動画

弱い
ゴミ捨て

レバー式(ゴミの残りが少ない)

 

Vモデルのゴミ捨て動画

ワンタッチ式(ゴミの残りが多い)
バッテリー使用回数

 

(回数が多い方が長寿命)

1200回

 

(メーカーに確認しました)

500回

 

簡単にまとめるとこのような違いがあります

 

型落ちのDCモデルに比べると最新型のVモデルの方が性能が非常に高くなってます

 

ダイソンV10、V8、V7、V6モデルの機能や性能違いを比較している記事に移動

 

ダイソンのキャンペーン情報

 

2018年11月29日から12月25日までのダイソンコードレス掃除機のキャンペーン情報

 

年末の大掃除応援キャンペーンを開催中です!

 

最新のV10が最大で10000円引き、V7モデルは5000円引きになってます

 

古いDCモデル買うよりも、キャンペーンを利用して最新モデルを買った方が気持ちよく年を越せると思います

 

開催期間

 

2018年11月29日~12月25日(量販店の場合)

 

2018年12月3日(11:30)~12月25日(23:59)(通販の場合)

 

(メーカーに確認済み)

 

量販店(電気屋さん)の方が、4日早くキャンペーン価格で販売しています

 

本当にお得なのか?

 

年末のお金のかかる時期に、少しでも安く手に入れて欲しいので公式サイトとAmazon・楽天の価格を比較しています

 

やっぱり、古いDCモデルよりも最新のVモデルが欲しい!という人は見た方が後で後悔する事がないですよ

 

値段、キャンペーン内容、楽天ポイントは何倍付くのか?まで書いてます

 

・ダイソン年末大掃除キャンペーンの詳細はコチラをクリック

 

 

ダイソンDCモデルのデメリット

 

ダイソンコードレス掃除機を購入する人の中には、古いモデルのDC74、DC62、DC45、DC35を選ぶ人もいますが、その違いをハッキリと答えられますか?

 

なんとなく値段が安かったからという理由で選ぶ人がいますが、それだと購入した後に後悔するケースも多い・・・

 

後悔するケースで多いのが、以下の4つ

 

DCモデルを購入して後悔するケース
  • Vシリーズよりも、運転時間が短い
  • Vシリーズよりも、排気フィルターの性能が低い
  • Vシリーズよりも、絨毯・カーペットの奥のゴミが取れない
  • Vシリーズよりも、音がうるさい

 

当然ですが、最新モデルのVシリーズよりも、吸引力やバッテリー時間、フィルター、ヘッドも違うので掃除能力に差が出てくるのは当たり前

 

ダイソンコードレス掃除機は安くはないので、しっかりと比較検討して後悔の無い選択が出来るようにお手伝いをしていきます

 

この記事では、DCモデルの違いを紹介していきます

 

最新のVモデルの機能の詳しい説明は、ダイソンV10、V8、V7、V6モデルの違いを比較はコチラを読んでください

 

DCモデルの掃除ヘッド

 

ダイソンコードレス掃除機のヘッド一覧

 

ダイソンコードレス掃除機の違いを知るためには、クリーナーヘッドや付属品の違いについても知る必要があります

 

なぜなら機種によって掃除ヘッドの種類が違うからです

 

そのため掃除ヘッドの種類・特性を知らないと、ダイソンのコードレス掃除機は選べません!

 

ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35に付いてくる、クリーナーヘッドは2種類だけ

 

装着できる、掃除ヘッド一覧
ソフトローラー

クリーナーヘッド

V10、V8、V7、V6、DC74シリーズ
ダイレクトドライブ

クリーナーヘッド

V10、V8、V7、V6シリーズ
カーボンファイバー

ブラシ

V6、DC62、DC45、DC35シリーズ

 

このように、付いてくるヘッドはモデルによって違うので注意

 

DC74、DC62、DC45、DC35に付いてくるのは、ソフトローラークリーナーヘッドとカーボンファイバーブラシになります

 

カーボンファイバーブラシよりも掃除能力が高い、ダイレクトドライブクリーナーヘッドはV10、V8、V7、V6モデルにしか付いてきません

 

用途

 

ソフトローラークリーナーヘッド フローリング、畳
ダイレクトドライブクリーナーヘッド じゅうたん・カーペット
カーボンファイバーブラシ じゅうたん・カーペット

 

ソフトローラークリーナーヘッド ダイレクトドライブクリーナーヘッド カーボンファイバーブラシ

 

ソフトローラークリーナーヘッドの性能数値

 

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドの性能数値

 

カーボンファイバーブラシの性能数値

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドは、DC74、DC62、DC45、DC35には付いてきません

 

注意

 

注文する前に絶対に知っておきたい事があります

 

それは、公式では購入した機種に付属していないモーターヘッドは販売していません

 

例えば、ソフトローラークリーナーヘッドしか付属していない機種を買った場合、後でカーボンファイバーヘッドが欲しいと思った場合は買えるのか?

 

買えません!

 

公式にお願いしても、認められません

 

この場合は、付属していたソフトローラークリーナーヘッドしか注文できないのです

 

そのため、どうしてもカーボンファイバーヘッドを使いたい場合は、付属している掃除機を買い直すか、輸入品を買うしかありません

 

輸入品はアマゾンで売っていますが、適合機種に合わない場合は使えませんので、その辺をしっかりと確認してください

 

ヘッドの輸入品 一覧

 

ソフトローラークリーンヘッド[並行輸入品] カーボンファイバー搭載モーターヘッド【並行輸入品】

[ヘッド]

新品価格¥10,500から(2017/12/5 14:38時点)

【日本モデル適合機種】DC74 Fluffy

「ヘッド」

新品価格

¥5,800から
(2017/12/5 14:46時点)

【適合機種】DC62、V6、V6Motorhead、V6Mattress、V6Mattress+、V6Trigger、V6Ttigger+

 

ソフトローラークリーンヘッドをアマゾンで見る

 

ソフトローラークリーンヘッドを楽天で見る

 

 

カーボンファイバー搭載モーターヘッドをアマゾンで見る

 

カーボンファイバー搭載モーターヘッドを楽天で見る

 

 

このように、輸入品では適合する機種が限定されますので、買う時は慎重に選んでください

 

もっと詳しく、クリーナーヘッドを知りたい場合は、ダイソンのクリーナーヘッドの違いを徹底解説を読んでください

 

付属品一覧

 

付属品は後から、アマゾンで輸入品を購入する事が出来ます

 

ツール3点セット「輸入品」 ツール7点セット「輸入品」

3点セット

新品価格

¥6,000から
(2017/12/5 14:57時点)

適合機種:V6、DC74、DC62、DC45、DC35シリーズ

7点セット)

新品価格

¥3,099から
(2017/12/5 15:07時点)

適合機種:V6、DC74、DC62、DC45、DC35シリーズ

 

ダイソンDCモデルツール3点セットをアマゾンで見る

 

ダイソンDCモデルツール3点セットを楽天で見る

 

 

ダイソンDCツール7点セットをアマゾンで見る

 

楽天では売ってません

 

 

別売りで買えるダイソンコードレス掃除機の付属品アタッチメント一覧

 

それでは、ダイソンコードレス掃除機の機種の違いを説明していきます

 

ダイソンDC74モデル

 

ダイソンDC74コードレス掃除機の付属品や機能を紹介

 

ダイソンDC74 発売日:2014年10月

 

ダイソンV6モデルの一個下になります、発売日が2014年10月なので比較的新しいモデルになりますね

 

V6モデルとの違い

 

V6 発売日:2015年5月   (この機種と比較します)
DC74 発売日:2014年10月
DC62 発売日:2013年10月
DC45 発売日:2012年9月
DC35 発売日:2011年2月

 

では、一個上のV6モデルとの違いは何なのか?

 

違いは、2つ

 

  • 排気フィルター性能
  • 掃除ヘッドの種類

 

1つ1つ説明していきます

 

排気フィルターの性能が違う

 

V6とDC74では搭載されている排気フィルターの性能が違います

 

VシリーズのV6には高性能な排気フィルター「ポストモーターフィルター」が搭載されていますが、ダイソンDC74には無い

 

V6 ポストモーターフィルターがある
DC74 ポストモーターフィルターが無い

 

ポストモーターフィルターがある事で、、0.3ミクロンもの微細な粒子を99%以上も排気から出ないようにします!

 

排気フィルターは吸い込んだゴミ綺麗して、外に出す重要な部品

 

多くの人が吸引力の事は気にしていますが、排気フィルターの性能を気にしている人は非常に少ない!

 

ですが、排気フィルターの性能が低いと、アレルギーを引き起こすリスクが高くなる!

 

なぜなら、排気フィルターは掃除機が吸い込んだ床のハウスダスト(ダニ・花粉・カビ)を排気口から出るのを防ぐ役割があるから

 

そのため、排気フィルターの性能が低いと、部屋の空気が「花粉・ダニ・カビ」で汚されている状態に・・・・

 

それを吸ってしまうと家族や子供がアレルギー等になってしまうリスクが高まる

 

アレルギー対策したいのであれば排気フィルターの性能が高いV10、V8、V7、V6モデルを選んでください

 

実際に排気フィルターの性能が低い掃除機を使うとどうなるのか?

 

こちらの動画を見てください

 

排気口から大量のハウスダストが出て来る!

 

掃除機のスイッチを入れただけで、吸い込んだハウスダスト(アレルギー物質)が大量に出てきて部屋の空気を汚します

 

排気フィルターの性能が弱い、ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35

 

この4機種では動画のように排気口から大量のハウスダストが出てきてしまう・・・

 

逆にV10、V8、V7、V6モデルに搭載されている高性能な排気フィルター「ポストモーターフィルター」の実力がわかる動画を見てください

 

Vシリーズのポストモーターフィルター実験

 

動画を見るとわかりますが、非常に小さな微粒子のゴミを吸っても外に逃がす事なくフィルターで吸着しているのがわかると思います

 

このポストモーターフィルターが搭載されているのが、V10、V8、V7、V6モデルだけ!

 

ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35のモデルには搭載されていません

 

ポストモーターフィルター 0.3ミクロンもの微細な粒子を99%以上もフィルターで綺麗にしてくれるので、アレルギー体質の人に選ばれています

 

0.3ミクロンの粒子はどんな物質?

ダイソンコードレス掃除機の排気フィルターが抑制してくれる0.3ミクロンの物質

 

画像のような物質を、ポストモーターフィルターがある事で排気口から99%も出ない!

 

つまり、綺麗な空気(風)が出てくると考えてください

 

先程、動画で見た掃除機の排気口から出ているのが、画像に書かれているダニ、花粉・アレルギー物質が吹き出しているのです

 

ポストモーターフィルターが搭載されていないダイソンコードレス掃除機からダニや花粉が吹き出している画像

 

V10
V8
V7
V6

ポストモーターフィルターがある

DC74
DC62
DC45
DC35

ポストモーターフィルターが無い

 

そのため、家族にアレルギー体質の人がいる場合は値段が高くてもVシリーズを選んでください

 

DC74はフィルター以外は、V6モデルとほぼ同じ性能です

 

V10、V8、V7、V6モデルの違いはV10、V8、V7、V6モデルの機能比較←を読んでください

 

掃除ヘッドの種類が違う

 

VモデルとDCモデルでは、ヘッドの種類も違います

 

V6はソフトクリーナーヘッド、ダイレクトドライブクリーナーヘッド、カーボンファイバーブラシの3種類のヘッドが選べるのですが

 

DC74モデルは、ソフトクリーナーヘッドしかありません

 

選べる掃除ヘッドの種類
V6

・ソフトローラークリーナーヘッド
・ダイレクトドライブクリーナーヘッド
・カーボンファイバーブラシ

 

この3種類から選べる

DC74

ソフトクリーナーヘッド

 

この1種類しか選べない

 

DC74モデルに付いてくる、ソフトクリーナーヘッドはフローリング用ですので、カーペット・じゅうたんの掃除には不向きですから、その辺も注意して選んでください

 

以上がV6とDC74の違いでした

 

DC74モデルの選び方

 

失敗しないダイソンDC74コードレス掃除機の選び方を説明している電気屋の店員

 

DC74モデルは、2種類しかありません

 

違いは「延長パイプの色」 「付属品」

 

この2つしか違わないので、選ぶ時はこの2点を見て選んでください

 

延長パイプとはどこの部分?

 

延長パイプは、赤く丸で囲った部分の事を言います

 

ダイソン延長パイプの色

 

延長パイプの色も選ぶ時の参考にしてください

 

DC74の色・付属品一覧

 

スマートフォンの人は、横スクロールで表が見れます

 

機種名 延長パイプの色 付属品
DC74 MH

モーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット

DC74 MC

モーターヘッドコンプリート

灰色

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・フトンツール
・ハードブラシ
・延長ホース
・収納用ブラケット

 

DC74の共通機能

 

DC74モデルに共通した機能を紹介

 

モーター性能 デジタルモーターV6を搭載、V8、V7モデルと比較して、15%吸引力が弱い
排気フィルター V8、V7、V6モデルよりフィルター性能が弱い
運転音の静けさ V8、V7シリーズと比較して、運転音が50%以上もうるさい
運転時間の詳細 通常モード:20分、強モード:6分
吸引サイクロンの数 15個 (数が多いほど、ゴミと空気を分離する遠心分離の性能が高い)
本体重量 本体質量2.3kg (ノズルを付けて掃除できる状態の重さ)
充電時間 約3,5時間

 

上記がDC74に共通している機能になります

 

DC74が得意とする掃除

 

ダイソンDC74は延長パイプの色、付属品の種類が違うだけなので掃除の目的別に選べば後悔はしません

 

わかりやすく用途別に紹介しますので選ぶ時の参考にしてください

 

フローリング、畳を綺麗にしたい人

 

ダイソンDC74のソフトクリーナーヘッドで床畳の掃除

 

掃除したい場所

・フローリング
・畳
・猫砂

ソフトローラークリーナーヘッド

柔らかいブラシで、床・畳を傷つけないのが特徴

 

猫砂もしっかり掃除できる

 

DC74は、ソフトクリーナーヘッドしか付いてこないので、フローリングの床・畳の掃除が得意になります

 

ソフトローラークリーナーヘッド

 

ヘッドが柔らかく大きいので、猫砂も楽に掃除できますよ

 

猫砂だけでなく他のゴミもしっかりと綺麗に吸い込む

 

DC74で他社と掃除対決

 

右側がダイソンDC74、他社の掃除機よりも確実にゴミを吸い込んでいるのがわかる!

 

DC62と掃除対決

 

2番目に登場するのが、DC74です

 

やはり、ソフトローラークリーナーヘッドのDC74はカーペットのゴミを取るのは苦手ですね、途中でゴミが出てきてます

 

カーボンファイバーブラシのDC62は1発でカーペットのゴミが取れてます

 

運転音に関しては、DC62・DC74は同じですね

 

DC74で敷布団・掛け布団のゴミは掃除できる?

 

ダイソンコードレス掃除機DC74で布団を掃除する

 

布団や毛布を掃除したい場合は、付属品として付いてくる「フトンツール」を使えば、簡単に布団・毛布の掃除が出来ます

 

そのため、布団も一緒に掃除したい場合は、「フトンツール」が付属している機種を選びましょう

 

フトンツールで布団掃除している動画を見てください

 

DC74のフトンツールで布団掃除

 

この動画は、子供の喘息を少しでも良くしようと、お母さんがDC74を買ってきて布団掃除しています

 

お母さんの愛が伝わってきますね!

 

布団から大量のハウスダストが吸い込まれているのがわかる

 

ただ、DC74は排気フィルター性能が低いので喘息の子供がいるなら、「ポストモーターフィルター」搭載のV8・V7・V6を選んで欲しかった

 

電気屋の人もそれを教えてやれよ!と動画を見て思ってしまったね

 

布団ツールが付いてくる機種は1つ

 

  • DC74 MCモーターヘッドコンプリート

 

上記の機種にフトンツールが付いてきます

 

DC74 MH モーターヘッドには無い

 

DC74 MCモーターヘッドコンプリート

・フトンツール
・ミニモーターヘッド

DC74 MH モーターヘッド ・ミニモーターヘッド

 

フトンツールは布団の生地を痛める事なく、スムーズに掃除できますのであると便利な付属品ですね

 

フトンツールの実力がわかる動画を紹介します

 

 

フトンツールを使えば、布団クリーナーのレイコップよりも多くのゴミを吸い込む事が出来る

 

ミニモーターヘッドで布団掃除できないの?

 

ミニモーターヘッドでも布団を掃除する事は可能です

 

ミニモーターヘッドで布団掃除

 

動画のように、固い敷布団・掛け布団を掃除する時はミニモーターヘッドでも大丈夫なんですが、柔らかい毛布を掃除する時はミニモーターヘッドだと動かしにくく腕が疲れます

 

フトンツールであれば、毛布を掃除する時も動かしやすいので疲れにくいのが特徴

 

フトンツールとミニモーターヘッドの違い
フトンツール 柔らかい毛布でも掃除しやすく、布団の生地を痛めにくい
ミニモーターヘッド 柔らかい毛布だと吸い込みが強すぎて、動かすのが辛く疲れます

ブラシが高速回転しているので、布団の生地を痛めやすい

 

このような違いがあるので、力に自信がない女性はフトンツールがあった方が腕が疲れにくいですよ

 

また、ミニモーターヘッドのブラシは回転しているので、布団・毛布の種類のよっては生地を痛めてしまう可能性があるので、デリケートな布団の場合はフトンツールを使いましょう

 

ミニモーターヘッドのブラシ回転

 

高速回転しているので、デリケートな毛布・布団だと痛めてしまう可能性がありますので注意

 

フトンツールは後から購入する事ができますので、フトンツールが無い他の機種を選んでも大丈夫です

 

ダイソン フトン ツール 掃除機 コードレス 【国内正規品】

新品価格
¥2,980から
(2017/12/5 15:26時点)

 

DC74一覧

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
DC74MHモーターヘッド

DC74 MH モーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC74 MH モーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC74 MH モーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 ソフトローラークリーナーヘッド × ×
DC74MCモーターヘッドコンプリート

DC74 MCモーターヘッドコンプリート

 

アマゾンでダイソンDC74 MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC74 MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

最長20分 ソフトローラークリーナーヘッド ×

 

付属品一覧
DC74 MH モーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット

DC74 MCモーターヘッドコンプリート

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・フトンツール
・ハードブラシ
・延長ホース
・収納用ブラケット

 

スポンサーリンク

 

 

ダイソンDC62の紹介

 

ダイソンDC62コードレス掃除機の付属品や機能を紹介

 

ダイソンDC62 発売日:2013年10月

 

 

ダイソンDC62はDC74の下のモデルになります

 

ダイソンDC74との違い

 

V6 発売日:2015年5月
DC74 発売日:2014年10月   (この機種と比較します)
DC62 発売日:2013年10月
DC45 発売日:2012年9月
DC35 発売日:2011年2月

 

DC74との違いは何?

 

違いは、1つ

 

  • 掃除ヘッドの種類

 

説明していきます

 

掃除ヘッドの種類が違います

 

DC74とDC62は掃除ヘッドの種類が違います

 

  • ダイソンDC74は、ソフトクリーナーヘッド
  •  

  • ダイソンDC62は、カーボンファイバーブラシ

 

ヘッド以外の性能は同じですので、掃除する床の種類によって、DC72、DC62を選ぶ事になります

 

  • フローリングや畳をメインに掃除するのであれば、ダイソンDC74
  •  

  • じゅうたん・カーペットをメインに掃除するのであれば、ダイソンDC62

 

このように考えるとわかりやすいですね

 

ダイソンDC62の選び方

 

失敗しないダイソンDC62コードレス掃除機の選び方を説明している電気屋の店員

 

DC62モデルは、4種類しかありません

 

違いは「延長パイプの色」 「付属品」

 

この2つしか違わないので、選ぶ時はこの2点を見て選んでください

 

延長パイプとはどこの部分?

 

延長パイプは、赤く丸で囲った部分の事を言います

 

ダイソン延長パイプの色

 

延長パイプの色も選ぶ時の参考にしてください

 

スマートフォンの人は、横スクロールで表が見れます

 

機種名 延長パイプの色 付属品
DC62 シルバー

・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

DC62MH

モーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

DC62MC

モーターヘッドコンプリート

濃いピンク

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・フトンツール
・フレキシブル隙間ノズル
・ソフトブラシ

DC62MP

モーターヘッドプロ

灰色

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・ハードブラシ
・フレキシブル隙間ノズル
・延長ホース
・アップトップツール

 

DC62の共通機能

 

DC62に共通している機能を紹介

 

モーター性能 デジタルモーターV6を搭載、V8、V7モデルと比較して、15%吸引力が弱い
排気フィルター V8、V7、V6モデルよりフィルター性能が弱い
運転音の静けさ V8、V7シリーズと比較して、運転音が50%以上もうるさい
運転時間の詳細 通常モード:20分、強モード:6分
吸引サイクロンの数 15個 (数が多いほど、ゴミと空気を分離する遠心分離の性能が高い)
本体重量 本体質量2.0kg (ノズルを付けて掃除できる状態の重さ)
充電時間 約3,5時間

 

上記がDC62に共通している機能になります

 

DC62が得意とする掃除

 

ダイソンDC62は延長パイプの色、付属品が違うだけなので掃除の目的別に選べば後で後悔はしません

 

わかりやすく用途別に紹介しますので選ぶ時の参考にしてください

 

じゅうたん・カーペットを掃除したい人

 

ダイソンDC62のカーボンファイバーブラシでじゅうたん掃除

 

掃除したい場所

・じゅうたん
・カーペット

カーボンファイバーブラシ 静電気を除去しながら、じゅうたん・カーペットを掃除してくれます

 

ブラシは、「カーボンファイバーブラシ」だけなので、じゅうたん・カーペットの掃除に適しています

 

カーボンファイバーブラシ

 

やはり、猫砂などの大き目のゴミを取るのが苦手ですね

 

それ以外のゴミであれば問題なく綺麗にできます

 

DC62が他社と掃除対決

 

他社のコードレス掃除機よりも、早い時間で多くのゴミを吸い込んでいます

 

この移動スピードで大量のゴミを吸い込めるのはさすが、ダイソン!

 

DC74と掃除対決

 

1番目に出てくるのが、DC62になります

 

やはり、DC62の方が絨毯のゴミを1発で取る事ができますね

 

ソフトクリーナーヘッドのDC74は、ゴミが途中で逃げてしまい2度目でようやくゴミを吸い込んでますので、カーペットを掃除する時はDC62の方が良いでしょう

 

音に関しては同じです

 

DC62で敷布団・掛け布団のゴミは掃除できる?

 

ダイソンコードレス掃除機DC62で布団を掃除する

 

布団や毛布を掃除したい場合は、付属品として付いてくる「フトンツール」を使えば、簡単に布団・毛布の掃除が出来ます

 

そのため、布団も一緒に掃除したい場合は、「フトンツール」が付属している機種を選びましょう

 

 

布団ツールが付いてくる機種は1つ

 

  • DC62MCモーターヘッドコンプリート

 

上記の機種にフトンツールが付いてきます

 

それ以外には無い

 

DC62MCモーターヘッドコンプリート フトンツールが付いてくる
DC62 フトンツールは無い
DC62MHモーターヘッド フトンツールは無い
DC62MPモーターヘッドプロ フトンツールは無い

 

フトンツールは布団の生地を痛める事なく、スムーズに掃除できますのであると便利な付属品ですね

 

フトンツールの実力がわかる動画を紹介します

 

 

フトンツールを使えば、布団クリーナーのレイコップよりも多くのゴミを吸い込む事が出来る

 

ミニモーターヘッドで布団掃除できないの?

 

ミニモーターヘッドでも布団を掃除する事は可能です

 

ミニモーターヘッドで布団掃除

 

動画のように、固い敷布団・掛け布団を掃除する時はミニモーターヘッドでも大丈夫なんですが、柔らかい毛布を掃除する時はミニモーターヘッドだと動かしにくく腕が疲れます

 

フトンツールであれば、毛布を掃除する時も動かしやすいので疲れにくいのが特徴

 

フトンツールとミニモーターヘッドの違い
フトンツール 柔らかい毛布でも掃除しやすく、布団の生地を痛めにくい
ミニモーターヘッド 柔らかい毛布だと吸い込みが強すぎて、動かすのが辛く疲れます

ブラシが高速回転しているので、布団の生地を痛めやすい

 

このような違いがあるので、力に自信がない女性はフトンツールがあった方が腕が疲れにくいですよ

 

また、ミニモーターヘッドのブラシは回転しているので、布団・毛布の種類のよっては生地を痛めてしまう可能性があるので、デリケートな布団の場合はフトンツールを使いましょう

 

ミニモーターヘッドのブラシ回転

 

ブラシが高速回転しているのでデリケートな布団・毛布を痛めてしまう可能性があるので注意

 

ただ、フトンツールは後から購入する事ができますので、フトンツールが無い他の機種を選んでも大丈夫です

 

ダイソン フトン ツール 掃除機 コードレス 【国内正規品】

新品価格
¥2,980から
(2017/12/5 15:26時点)

 

ミニモーターヘッドが付いてくる機種

 

DC62MCモーターヘッドコンプリート

・フトンツール
・ミニモーターヘッド

DC62MHモーターヘッド ・ミニモーターヘッド
DC62MPモーターヘッドプロ ・ミニモーターヘッド
DC62 2つとも無い

 

DC62一覧

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC62

ダイソンDC62

 

アマゾンでダイソンDC62の口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62の口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC62MHモーターヘッド

DC62MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC62MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリート

DC62MCモーターヘッドコンプリート

 

アマゾンでダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ ×
ダイソンDC62MPモーターヘッドプロ

DC62MPモーターヘッドプロ

 

アマゾンでダイソンDC62MPモーターヘッドプロの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MPモーターヘッドプロの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

付属品一覧
ダイソンDC62

・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

DC62MHモーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

DC62MCモーターヘッドコンプリート

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・フトンツール
・フレキシブル隙間ノズル
・ソフトブラシ

DC62MPモーターヘッドプロ

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・ハードブラシ
・フレキシブル隙間ノズル
・延長ホース
・アップトップツール

 

スポンサーリンク

 

 

ダイソンDC45の紹介

 

ダイソンDC45コードレス掃除機の付属品や機能を紹介

 

ダイソンDC45 発売日:2012年9月

 

DC62との違い

 

V6 発売日:2015年5月
DC74 発売日:2014年10月
DC62 発売日:2013年10月   (この機種と比較します)
DC45 発売日:2012年9月
DC35 発売日:2011年2月

 

ダイソンDC62とDC45の違いは何?

 

違いは、3つ

 

  • 吸引モーターが違う
  • 掃除ブラシの形が違う
  • サイクロンの数が違う

 

説明していきます

 

吸引モーターが違う

 

ダイソンDC62とDC45では内蔵されている吸引モーターが違います

 

内蔵モーターの種類
  • ダイソンDC62は、デジタルモーターV6
  • ダイソンDC45は、デジタルモーターV2

 

当然、デジタルモーターV6の方がV2モーターよりも1.5倍もパワーが強い!

 

そのため、吸引力はDC45と比べるとダイソンDC62が強い!

 

掃除ブラシの形が違う

 

DC62とDC45では、同じカーボンファイバーブラシですが、その形が違います

 

実際に画像で比較してみましょう

 

DC62のカーボンファイバーブラシの形

 

ダイソンコードレス掃除機DC62のカーボンファイバーブラシの形

 

ダイソンコードレス掃除機DC62のカーボンファイバーブラシ

 

DC45のカーボンファイバーの形

 

ダイソンコードレス掃除機DC45のカーボンファイバーブラシの固い

 

ダイソンコードレス掃除機DC45のカーボンファイバーブラシ

 

このように、DC62とDC45では「ブラシの形」が違うんですよ

 

ブラシの形を改善した事で、より多くのハウスダストを掻き出す事が出来ますし、絡んだ髪の毛を取る事が出来るようになりました

 

そのため、カーペット・じゅうたんの掃除に関しては、DC62の方が性能が高いです!

 

実際に動画で見てください

 

DC45で絨毯掃除

 

DC62より吸引力が弱く、ブラシの形も違うので、絨毯に絡んだ毛を取る事は出来ないですね・・・・

 

これだとペットの抜け毛に困っている人が使っても満足できないでしょう

 

DC45でフローリングの毛を掃除

 

フローリングに落ちているペットの毛であれば、問題なく吸い込んでくれます

 

しかし、絨毯・カーペットに絡みついた毛を取る事は、DC45では難しい・・・・

 

そのため、じゅうたん・カーペットの毛を取りたいなら、DC62を選んでください

 

サイクロンの数が違う

 

ダイソンDC62とDC45では搭載されている、サイクロンの数が違います

 

  • ダイソンDC62はサイクロンの数が、15
  • ダイソンDC45はサイクロンの数が、6

 

サイクロンの数が多ければそれだけ遠心分離能力が違う!

 

遠心分離の性能が高いと、細かいゴミも排気から出さずに、ダストカップに溜める事が出来ますから排気の空気もDC62の方が綺麗ですよ

 

これだけの性能差があるので、私はダイソンDC45モデルはオススメできません

 

また、DC62とDC45の値段差を考えてもDC45を買うという選択は無いと思っています

 

ただし、テレビ通販等でダイソンDC45は安く売られている時があるので、そういう場合は選んでも良いかもしれません

 

ダイソンDC45の選び方

 

失敗しないダイソンDC45コードレス掃除機の選び方を説明している電気屋の店員

 

DC45モデルは、2種類しかありません

 

違いは「延長パイプの色」 「付属品」
この2つしか違わないので、選ぶ時はこの2点を見て選んでください

 

延長パイプとはどこの部分?

 

ダイソン延長パイプの色

 

延長パイプは、赤く丸で囲った部分の事を言います

 

延長パイプの色も選ぶ時の参考にしてください

 

スマートフォンの人は、横スクロールで表が見れます

 

機種名 延長パイプの色 付属品
DC45 MH

モーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット

DC45 MHSF

モーターヘッド

濃いピンク

・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

 

DC45の共通機能

 

DC45に共通している機能を紹介

 

モーター性能 デジタルモーターV2を搭載、DC62、DC74、V6、V8モデルと比較して、吸引力が弱い
排気フィルター V8、V7、V6モデルよりフィルター性能が弱い
運転音の静けさ V8、V7シリーズと比較して、運転音が50%以上もうるさい
運転時間の詳細 通常モード:20分、強モード:8分
吸引サイクロンの数 6個 (数が多いほど、ゴミと空気を分離する遠心分離の性能が高い)
本体重量 本体質量2.3kg (ノズルを付けて掃除できる状態の重さ)
充電時間 約5.5時間

 

上記がDC45に共通している機能です

 

DC45が得意とする掃除

 

ダイソンDC45は延長パイプの色、付属品が違うだけなので掃除の目的別に選べば後悔はしません

 

わかりやすく用途別に紹介しますので選ぶ時の参考にしてください

 

じゅうたん、カーペットを綺麗にしたい人

 

ダイソンDC45のカーボンファイバーブラシでカーペットやじゅうたんを掃除している

 

掃除したい場所

・じゅうたん
・カーペット

カーボンファイバーブラシ 静電気を除去しながら、じゅうたん・カーペットを掃除してくれます

 

DC45には、カーボンファイバーブラシしか付いていないので、カーペット・じゅうたんの掃除が得意です

 

ただ、先ほども説明しましたが、掃除ブラシの形状がDC62の方が改良されているのでカーペットの掃除能力は高いです

 

カーボンファイバーブラシ

 

大きいゴミ(猫砂など)の掃除は苦手ですが、その他のゴミであれば問題なく吸い込めます

 

DC45で敷布団・掛け布団のゴミは掃除できる?

 

ダイソンコードレス掃除機DC45で布団を掃除する

 

布団や毛布を掃除したい場合は、付属品として付いてくる「フトンツール」を使えば、簡単に布団・毛布の掃除が出来ます

 

そのため、布団も一緒に掃除したい場合は、「フトンツール」が付属している機種を選びましょう

 

 

DC45にはフトンツールが付いてくる機種は無い

 

ミニモーターヘッドで布団掃除できないの?

 

ミニモーターヘッドでも布団を掃除する事は可能です

 

ミニモーターヘッドで布団掃除

 

動画のように、固い敷布団・掛け布団を掃除する時はミニモーターヘッドでも大丈夫なんですが、柔らかい毛布を掃除する時はミニモーターヘッドだと動かしにくく腕が疲れます

 

フトンツールであれば、毛布を掃除する時も動かしやすいので疲れにくいのが特徴

 

フトンツールとミニモーターヘッドの違い
フトンツール 柔らかい毛布でも掃除しやすく、布団の生地を痛めにくい
ミニモーターヘッド 柔らかい毛布だと吸い込みが強すぎて、動かすのが辛く疲れます

ブラシが高速回転しているので、布団の生地を痛めやすい

 

このような違いがあるので、力に自信がない女性はフトンツールがあった方が腕が疲れにくいですよ

 

また、ミニモーターヘッドのブラシは回転しているので、布団・毛布の種類のよっては生地を痛めてしまう可能性があるので、デリケートな布団の場合はフトンツールを使いましょう

 

ミニモーターヘッドのブラシ回転

 

ブラシが高速回転しているのでデリケートな布団・毛布を痛めてしまう可能性があるので注意

 

ミニモーターヘッドが付いてくる機種
DC45 MHモーターヘッド ミニモーターヘッドが付いてくる
DC45 MHSFモーターヘッド 2つとも無い

 

ただ、フトンツールは後から購入する事ができますので、フトンツールが無い他の機種を選んでも大丈夫です

 

ダイソン フトン ツール 掃除機 コードレス 【国内正規品】

新品価格
¥2,980から
(2017/12/5 15:26時点)

 

DC45一覧

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC45MHモーターヘッド

DC45MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC45MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC45MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC45MHSFモーターヘッド

DC45MHSFモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC45MHSFモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC45MHSFモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

付属品
DC45MHモーターヘッド

・ミニモーターヘッド
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・収納用ブラケット

DC45MHSFモーターヘッド

・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

 

ダイソンDC35の紹介

 

ダイソンDC35コードレス掃除機の付属品や機能を紹介

 

ダイソンDC35 発売日:2011年2月

 

初代ダイソンコードレス掃除機になります

 

ダイソンDC45との違い

 

V6 発売日:2015年5月
DC74 発売日:2014年10月
DC62 発売日:2013年10月
DC45 発売日:2012年9月   (この機種と比較します)
DC35 発売日:2011年2月

 

ダイソンDC35とDC45の違いは何?

 

違いは、3つ

 

  • ブラシの回転数
  • 運転時間

 

1つ1つ説明していきます

 

掃除ブラシの回転数が違う

 

ダイソンDC35とDC45では、掃除ブラシの回転数が違ってきます

 

比較するとDC45の方が、ブラシを回転するパワーが2倍も高い!

 

掃除ブラシの回転数が2倍も違うので、カーペット・じゅうたんのゴミ・ダニを多く掻き出してくれますよ

 

実際に動画で見てください

 

DC35とDC45のブラシ回転パワーを比べている

 

動画を見ると、DC45の方は毛の長いカーペットの上でも掃除ブラシは高速回転していますが

 

初代モデルのDC35は、ブラシを回転させるモーターの性能がDC45モデルに比べると2倍も弱いため、毛の長い絨毯・カーペットの奥のゴミまで掻き出す事が出来ない事がある

 

ダイソンDC35の方はブラシの回転数が落ちているのがわかりますね

 

そのため、DC35はDC45よりも掃除する性能が低いので注意

 

運転時間が違う

 

ダイソンDC35とDC45では運転時間が違います

 

ダイソンDC45 約20分
ダイソンDC35 約15分

 

このように、DC45の方が約5分長くなってます

 

掃除ブラシの回転数も違いますし、ダイソンDC45とDC35で迷っているのであれば、ダイソンDC45を選んだ方が良いでしょう

 

音の大きさが違う

 

ダイソンDC35とDC45は、運転音の大きさが違います

 

比較すると、DC45の方が少しだけ音が静か

 

DC35とDC45の運転音が聞ける動画を紹介

 

DC35、DC45、V6の音比較

 

こうして聞いてみると、DC45の方が音がマイルドになり静かに感じますね

 

性能が高いV6はさらに静かです

 

そのため音が静かな方がいいなら、DC45を選びましょう

 

ダイソンDC35の選び方

 

失敗しないダイソンDC35コードレス掃除機の選び方を説明している電気屋の店員

 

DC35モデルは、1種類しかありません

 

DC35が得意とする掃除

 

ダイソンDC35のカーボンファイバーブラシでカーペットやじゅうたんを掃除している

 

掃除したい場所

・じゅうたん
・カーペット

カーボンファイバーブラシ 静電気を除去しながら、じゅうたん・カーペットを掃除してくれます

 

DC35には、カーボンファイバーブラシが付いているので、カーペット・じゅうたんの掃除が得意です

 

実際にカーボンファイバーブラシで掃除している動画を見てください

 

DC35で掃除

 

やはり、カーペットのゴミを1発で吸い込む事が出来ないのがわかりますね

 

どうしても、細かいゴミが薄っすらと残っている・・・

 

やはり、掃除能力は他のダイソンの機種に比べて弱い!

 

DC35とV6が掃除対決

 

掃除する物によっては、V6と同じぐらいの吸引力がありますね

 

ただ、カーペットに絡んだ髪の毛はDC35は取れないと思います

 

DC35で敷布団・掛け布団のゴミは掃除できる?

 

ダイソンコードレス掃除機DC35で布団を掃除する

 

布団や毛布を掃除したい場合は、付属品として付いてくる「フトンツール」を使えば、簡単に布団・毛布の掃除が出来ます

 

そのため、布団も一緒に掃除したい場合は、「フトンツール」が付属している機種を選びましょう

 

 

調べたところ、DC35にはフトンツールが付いてくる機種は無い

 

ミニモーターヘッドで布団掃除できないの?

 

DC35にはフトンツールが付いてきませんが、ミニモーターヘッドが付いてきますので、ミニモーターヘッドでも布団を掃除する事は可能です

 

ミニモーターヘッドで布団掃除

 

動画のように、固い敷布団・掛け布団を掃除する時はミニモーターヘッドでも大丈夫なんですが、柔らかい毛布を掃除する時はミニモーターヘッドだと動かしにくく腕が疲れます

 

フトンツールであれば、毛布を掃除する時も動かしやすいので疲れにくいのが特徴

 

フトンツールとミニモーターヘッドの違い
フトンツール 柔らかい毛布でも掃除しやすく、布団の生地を痛めにくい
ミニモーターヘッド 柔らかい毛布だと吸い込みが強すぎて、動かすのが辛く疲れます

ブラシが高速回転しているので、布団の生地を痛めやすい

 

このような違いがあるので、力に自信がない女性はフトンツールがあった方が腕が疲れにくいですよ

 

また、ミニモーターヘッドのブラシは回転しているので、布団・毛布の種類のよっては生地を痛めてしまう可能性があるので、デリケートな布団の場合はフトンツールを使いましょう

 

ミニモーターヘッドのブラシ回転

 

ブラシが高速回転しているのでデリケートな布団・毛布を痛めてしまう可能性があるので注意

 

ミニモーターヘッドが付いてくる機種
DC35MHモーターヘッド ミニモーターヘッドが付いてくる

 

ただ、フトンツールは後から購入する事ができますので、フトンツールが無い他の機種を選んでも大丈夫です

 

ダイソン フトン ツール 掃除機 コードレス 【国内正規品】

新品価格
¥2,980から
(2017/12/5 15:26時点)

 

DysonDC35 MH Motorhead

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC35MHモーターヘッド

DC35MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC35MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC35MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長15分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

モーター性能 デジタルモーターV2を搭載、DC62、DC74、V6、V8モデルと比較して、吸引力が弱い
排気フィルター V8、V7、V6モデルよりフィルター性能が弱い
運転音の静けさ V8、V7シリーズと比較して、運転音が50%以上もうるさい
運転時間の詳細 通常モード:20分、強モード:8分
吸引サイクロンの数 6個 (数が多いほど、ゴミと空気を分離する遠心分離の性能が高い)
本体重量 本体質量2.2kg (ノズルを付けて掃除できる状態の重さ)
充電時間 約3.5時間
付属品 ・ミニモーターヘッド

・コンビネーションノズル
・隙間ノズル

 

 

最終まとめ

 

ここまで、ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35の特徴や違いを比較してきましたが、気になるコードレス掃除機はありましたか?

 

また、注意点がありまして

 

公式では、ヘッドだけ個別で購入する事はできません

 

例えば、ソフトローラークリーナーヘッドが付属している掃除機を買った場合、後からカーボンファイバーブラシのヘッドを購入できないのです!

 

そのため、アマゾンで輸入品を購入する必要があります

 

できれば最初から、ヘッドの種類をしっかりと考えて決めるようにしてくださいね

 

もし私がDC74、DC62、DC45、DC35の中から選ぶとしたら、以下の2機種を選びます

 

その理由は、吸引力が最新モデルのV8、V6と同じだからです

 

違いは、排気を綺麗にするフィルターの性能が違うだけですので、この4機種から選ぶとしたら以下の2つです

 

  • ダイソンDC74
  • ダイソンDC62

 

DC74、DC62の違いは、一番最初の方でも説明しましたが、ヘッドの種類だけ違うので

 

  • 畳を掃除するなら、ダイソンDC74
  • カーペット、じゅうたんを掃除するなら、ダイソンDC62

 

このように選んでください

 

DC45、DC35は吸引力や遠心分離能力が弱いので、私は買いません

 

 

ダイソンDC74

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
DC74MHモーターヘッド

DC74 MH モーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC74 MH モーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC74 MH モーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 ソフトローラークリーナーヘッド × ×
DC74MCモーターヘッドコンプリート

DC74 MCモーターヘッドコンプリート

 

アマゾンでダイソンDC74 MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC74 MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

最長20分 ソフトローラークリーナーヘッド ×

 

 

ダイソンDC62

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC62

ダイソンDC62

 

アマゾンでダイソンDC62の口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62の口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC62MHモーターヘッド

DC62MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC62MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリート

DC62MCモーターヘッドコンプリート

 

アマゾンでダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MCモーターヘッドコンプリートの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ ×
ダイソンDC62MPモーターヘッドプロ

DC62MPモーターヘッドプロ

 

アマゾンでダイソンDC62MPモーターヘッドプロの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC62MPモーターヘッドプロの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

 

ダイソンDC45

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC45MHモーターヘッド

DC45MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC45MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC45MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×
ダイソンDC45MHSFモーターヘッド

DC45MHSFモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC45MHSFモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC45MHSFモーターヘッドの口コミを見る

 

最長20分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

 

ダイソンDC35

 

  商品名 運転時間 ヘッド種類 自立の有無 布団に使えるか
ダイソンDC35MHモーターヘッド

DC35MHモーターヘッド

 

アマゾンでダイソンDC35MHモーターヘッドの口コミを見る

 

楽天でダイソンDC35MHモーターヘッドの口コミを見る

 

最長15分 カーボンファイバーブラシ × ×

 

 

 



ダイソンの情報一覧


良く読まれている、ダイソンに関する情報です

ダイソンv10・v8・v7・v6の違いを比較 ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35の違いを比較 ダイソン床用クリーナーヘッドの種類と違い

ダイソンV10、V8、V7、V6の性能や付属品の違い比較

v10・V8・V7・V6の性能の違いを紹介

ダイソンDC74、DC62、DC45、DC35の性能の違い

DC74、DC62、DC45、DC35の性能の違いを紹介

ダイソンのソフトローラークリーナーヘッド、ダイレクトドライブクリーナーヘッド、カーボンファイバーブラシの違い

・ソフトローラー

・ダイレクトドライブ

・カーボンファイバー

3種類の掃除ブラシの違い

ダイソンジャパネットたかたモデル ダイソン付属品(アタッチメント)一覧 ダイソン用のスタンドおすすめ

ダイソンジャパネットたかたモデルの性能

ジャパネットたかたモデルの性能・機能を説明

ダイソン付属品(アクセサリー)の詳しい説明

別売りで買える、付属品まとめ

ダイソンを収納出来る、スタンド一覧



ダイソンと他社との性能対決


ダイソンと他社の主力コードレス掃除機との性能を比較している記事です

ダイソンと他社との機能がわかりやすく説明しています

全種類 ダイソンとシャープFREEDの違いを比較 全種類 ダイソンとパワーブーストサイクロンの違いを比較 全種類 ダイソンとトルネオコードレスVの違いを比較

ダイソンコードレス掃除機とシャープFREEDの性能・機能の違い

ダイソンとシャープFREEDの性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と日立パワーブーストサイクロンの性能の違い

ダイソンとパワーブーストサイクロンの性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と東芝トルネオコードレスVの性能の違い

ダイソンと東芝トルネオコードレスVの性能の違い

全種類 ダイソンとiT(イット)の違いを比較 ダイソンとマキタの違いを比較 全種類 ダイソンとインスティックの違いを比較

ダイソンコードレス掃除機とパナソニックイットの性能の違い

全種類 ダイソンとパナソニックiT(イット)の性能の違い

ダイソンとマキタコードレス掃除機の性能の違い

ダイソンとマキタ(家庭用・業務用)の性能の違い

ダイソンコードレス掃除機と三菱電機インスティックの性能の違い

ダイソンとインスティックの性能の違い